【ゲーム制作】えぐぜりにゃ~を改造するの巻

えぐぜりにゃ~ ver.ぼよん

久々にD.Kさんゲームヘル2000の面々と遊んだ甲斐あってか、製作意欲がメキメキ沸いて来ました。

とりあえず手っ取り早くなんか作りたいという衝動から、( ゜ワ゜)ノさんが改造・二次配布が自由というやわらかライセンスで公開しているえぐぜりにゃ~を改造してみました。

えぐぜりにゃ~ ver.ぼよん
えぐぜりにゃ~ ver.ぼよん

改造するにあたって

オリジナルでは、360℃回転するアンカーで敵を掴んで、それを投げ飛ばし敵同士をぶつけて倒すというのが基本。掴んで投げるという単純なだけに手軽に楽しめるのが、このゲームの良い所。なので基本となるゲーム性(掴んで投げる)は変えないような他のバージョンには無い味付けを付与して発展的にゲーム性を昇華させようと考えました。

まず真っ先に思いついたのが、投げた敵を画面端で跳ね返るようにすること。画面端で跳ね返させる事でただ投げるではなく、跳ね返りも考慮した遊び要素が追加されるかなぁと。跳ね返るというのも単純な要素なので、掴んで投げるという要素とうまく合うんじゃないかなぁと思いました。実際、ブロック崩しやパズルボブル、ビリヤードとか面白いしね。

それに加えて、何も考えずに投げて跳ね返った場合のリスクとして、自機との当たり判定の追加や跳ね返り時にスピードが上がるようにしました。5箱とかX箱を意味無く投げるとかなり危なくなりました。何事にもリスクは付き物。良い感じです(笑)

この時点で、個人的には結構満足してきたのですが、もう少し遊び要素(スコア稼ぎ)を追加しようかな~ってことで思案していると、よく西部劇とかでガンマンが自分で投げた標的を打ち抜くってのが浮かんできてこれだ!って思いました。投げた敵同士には当たり判定が無かったので、判定を追加して投げ敵同士の破壊にはボーナスとして得点を相乗させました。何回かテストしていて気がついたんだけど、5箱とX箱って0点だったんだね。そうか!オヤツじゃないからか~(笑)という事で5箱とX箱との相乗は0点になったよ(苦笑)

出来たあと、ゲームヘル2000に投げてみたんだけど、結構良い反応を返してもらえてホクホクでした。

久々に以前挫折したHSPを使ったわけだけど、オリジナルのソースもしっかりしていて参考になったと共に、HSPもなかなかイケるなぁと思いました。

スポンサーリンク

シェアして頂けると喜びます!

フォロー頂けると嬉しいです(o^ワ^o)