【ゲーム】『グーの惑星』の感想

Wiiウェアの体験版を遊んでみたら、思いのほか楽しかったので、正規版も購入し、ひとまず全クリしました。総プレイ時間は8時間くらい。

グーという謎の生物をくっつけて道(足場)を作っていき、ゴールのパイプまで規定数以上のグーを届けるというゲームで、ちょっと違うけどレミングス的な感じでしょうか。

ステージパターンが豊富で、さまざまな属性を持つオブジェクトを駆使して、ゴールに辿り着くための解を探すトライ&エラーの繰り返しは、歯ごたえがありました。イライラしつつも解を見つけたときに感じたうれしさは久しく味わってなかった感覚かも。ルールは一定だけど、手段がステージ内容によって変わってくるバリエーションの豊富さが飽きずに最後まで遊べた理由かもしれません。飽きっぽい自分がクリアまで遊べたというのも久々です(^^;

ステージクリア時には「ゴールしたグーの数」「アクション回数」「クリアタイム」とスコアが出て、「ゴールしたグーの数」については、おまけ?のステージにグーを送れるので次回以降のプレイ動機につながるのですが、「アクション回数」と「クリアタイム」についても何かしら次回以降のプレイ動機に繋がるような仕掛けが欲しかったなぁと思いました。

アクション的(リアルタイム性のある)な操作を求められるステージもあるのですが、そこはWiiリモコンでのポイント操作に結構てこずりました。自分が下手なだけなんですが、ポインタ位置のブレることブレること(苦笑)Wiiリモコンでのポイント操作が苦手なオールドタイプな自分としては、マウス、もしくはタッチパネル操作の方がこのゲームとの親和性は高いんじゃないかと思いました。DSiウェアの方でも出してみると面白いんじゃないかなぁ。

最初は1500円という価格設定にどうかな?とも思ったんですが、久々に最後まで遊べた良作でした。


関連リンク

Wiiウェア版 グーの惑星 公式サイト

スポンサーリンク

シェアして頂けると喜びます!

フォロー頂けると嬉しいです(o^ワ^o)