【ゲーム】ニンテンドー3DSが2010年度中に発売予定

任天堂:新携帯ゲーム機の発売に関して

 任天堂株式会社(京都市南区、社長岩田聡)は、裸眼で3D映像によりゲームが楽しめる『ニンテンドー3DS』(仮称)を、2011年3月期に発売致します。
 
 「ニンテンドー3DS」(仮称)は、2009年12月末時点での当社からの全世界向け連結販売台数が1億2500万台に上る「ニンテンドーDSシリーズ」の後継機となる新型の携帯型ゲーム機であり、ニンテンドーDSiを含むニンテンドーDS用ソフトもお楽しみ頂ける互換機能も有しております。
 
 その他の詳細に関しましては、2010年6月15日からアメリカ合衆国のロサンゼルスで開催されますビデオゲーム展示会であるE3ショーにて発表予定です。

という事で、噂されていた任天堂の新型携帯ゲーム機が発表されました。
携帯3D機とは意外。
でも”裸眼で”というのは重要なところですね。
DS互換ということなので2画面は確定かな。まさか3画面じゃないよなw
3D画面にタッチパネルは感覚的に合わない気がするので、
タッチスクリーンはそのままで、上画面のみ3D化という感じかな。
ソニーの3DTVみたいにDS用ソフトも勝手に3D化とかしてくれちゃうんでしょうか?
とりあえずE3でどれだけの物を見せてくれるのか楽しみです。

今にして思えば、
GIGAZINE:
任天堂社長の「iPadはiPod touchが大きくなっただけ」というコメントを任天堂っぽく表現するとこうなる

岩田社長はiPadに対する評価以外にもソニーがPS3での展開を予定している3Dゲームについて、映画館でアバターのような3D映画を見る時ならともかく、家でゲームをする時に3D専用メガネをかけるかどうかが疑わしいという辛口の見方をしています。

という発言が既に布石だったんだなー。とか思いました。

スポンサーリンク

シェアして頂けると喜びます!

フォロー頂けると嬉しいです(o^ワ^o)