裸眼で3D「3Dフローティングビジョン」

先日発表された任天堂の新携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS(仮称)」。
その最たる特徴といえる”裸眼で3D”。

任天堂というと最新テクノロジを駆使した商品作りよりも枯れた既存技術を利用した商品作りをしてきた事が特徴です。
そして今回の”裸眼で3D”にも有力な既存技術があると紹介されてました。
livedoorニュース:ニンテンドー3DS:「裸眼で3D」ってどんな感じ?

現在、裸眼による立体映像を実現するディスプレイ方式は何種類かありますが、今回一番可能性が高そうなのはパイオニアの開発した「3Dフローティングビジョン」方式。
 
なお、パイオニアの資料によれば、この方式は
構造がシンプルなため、低コスト化、小型化が可能
手前に飛び出す映像を、裸眼で観察できる
ソフト制作が比較的容易
見る距離が固定されない
眼が疲れにくい
横になっても見られる

という特徴を持っているそうです。

ということで、携帯ゲーム機にはうってつけな感じがします。
ただ、

ちなみにこの3D方式は「飛び出す表示」を可能とするものなので、ソニーの3Dテレビのような奥行きのある3D表示はまだできません。

ともあるので、任天堂が携帯ゲーム機の3D表示にどこまでの絵を求めているのか?
にもよるでしょうか。

ちなみにこの「3Dフローティングビジョン」ですが、パイオニアからは既に商品として発売されていました。
pioneer-fv01
画面上部に赤外線センサを搭載することによって、立体映像への接触判定も行えるようにしているので、ゲームへの応用も十分に考えられますね。

E3で任天堂が何を見せてくれるのか、楽しみです。

■関連サイト
フローティングビジョン:パイオニア株式会社
箱庭的臨場感の提案と,めがね無し小型立体表示装置の開発:パイオニア株式会社

スポンサーリンク

シェアして頂けると喜びます!

フォロー頂けると嬉しいです(o^ワ^o)