【ひでんち製作所】開発プラットフォームで悶々と

僕みたいにトロトロと個人開発してると気にしてもしょうがない気はするんですが、ついつい気にしてしまうんですよねσ(^^;

現在メインはJava(Doja)によるiアプリ開発と、ygs2kやHSPを利用したWindows向け開発が自分に出来ること。

んで、今後どう広げてこうかな~と、たまに風呂敷広げて考えてしまう訳です(^^;

(1)Java(Doja)アプリのJava(MIDP)対応 → au
(2)Java(Doja)アプリのJava(AndroidSDK)対応 → Android端末
(3)C+SDL、もしくはD言語での開発 → Windows、Linux
(4)C#(XNA)での開発 → Windows、Xbox360、WindowsPhone
(5)Objective-Cでの開発 → iPhone、iPad
(6)Flash(ActionScript)での開発 → 対応ブラウザ搭載端末

という具合にいくつか考えて、さぁどうすっぺーとモヤモヤするんですよね。
実現性を考えると(1)、(2)あたりが現実的なのかなぁって思うのですが、あとは(4)にも手を出したい衝動に最近駆られるんですよね。まぁ360のピアレビューを通過するのは心が折れそうになるみたいですけどね。あとは(3)かな。
(5)は開発環境そろえるのがまず困難で、(6)はHTML5以降のFlashがどうなってしまうかが不安なので、積極的に踏み込めない感じです。

あとは最近流行りのソーシャルゲーム的な要素を付加させようとかとか。ただ現状のSNSゲーを見てると、どうも一人で遊んだときのゲーム的な面白さが低かったり、どれも似たりよったりなのが、どうなのかな~と思ってしまう所なんですよね。自分としては「一人で遊んで面白い」ってのがやっぱ基本線にあって「みんなで遊んだらもっと面白かった」ってのが目指す方向なのかなと思います。理想ですけど・・・

とグダグダと考えたりするわけですが、まぁボチボチやってくしかないですけどね!

まずは「ムサ忍ニン」を形にするのを優先せねばー!!

スポンサーリンク

シェアして頂けると喜びます!

フォロー頂けると嬉しいです(o^ワ^o)