【映画】『THE NEXT GENERATION -パトレイバー- 第1章』を観てきた


ついに実写化となったパトレイバー。
その第1弾が公開されたという事を知ったものの、公開期間が2週間しかないし、上映している映画館も少ないとの事で観に行くかどうか迷ってた・・・

んだけども、都内の4つの上映館が「新宿」「池袋」「豊洲」「府中」と知り・・・と・・・豊洲!?
おいおい職場からめっちゃ近いやんけ!!
という事で、もー仕事なんかやってらんねぇわと切上げて観てきたっす!

んで感想なワケですが・・・
なんだろう・・・この感じは・・・面白かった・・・の・・・・・・か??
と、モヤモヤと腑に落ちない感覚・・・(^^;苦笑

確かにパトレイバーといえば、日常系ロボットアニメだったけれども、コレほどまでにユルくて、冗長で、シュールだったかなぁ・・・と(^^;汗
時代の流れと長引く不況でレイバー犯罪が減り、金食い虫のレイバー隊は、第1小隊は解散し、残された第2小隊もメンバーが代わり「無能の3代目」が担う、斜陽の特車2科を描いているとはいえ、ここまでグダグダな感じにしちゃうの?
ってのが正直なところでした。

ただまぁ、原作のオマージュ的なシーンでニヤリとさせられたり、水道橋重工のクラタスが出てたりとか、見所もあったので、それなりには楽しめました。が、かつてのパトレイバーファンでも、この映画に対しては賛否が分かれるんじゃないかなと思います。

ボクは当然、第2章も観にいくつもりですが、本音を言うと最後まで予定通りに公開されていくのか少し不安だったりもします(汗)

スポンサーリンク

シェアして頂けると喜びます!

フォロー頂けると嬉しいです(o^ワ^o)