『FREETEL』のWindows10スマホ第2弾「KATANA 02」が販売価格を見直し!

20151210-freetel-katana02
まいどど~も!ひで(@hide_77)です。

FREETELのWindows 10 Mobileスマホ第1弾となる「KATANA 01」も発売直前に当初予定していた19,800円から12,800円に販売価格を変更していましたが、2016年1月に発売予定の第2弾「KATANA 02」も販売価格の見直しが発表されました!

Windows 10 Mobile 対応スマホ「KATANA 02」の販売価格を決定。画面5インチ、メモリ2GBで19,800円(税抜)

 SIMフリー端末の日本メーカー、通信事業者(MVNO)でもあるSIMフリーキャリア「FREETEL」を展開するプラスワン・マーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:増田薫)は、Windows 10 Mobile対応SIMフリー端末の第2弾となる「KATANA 02」の販売価格を決定いたしました。当初の想定から見直しを行い、予定価格の29,800円から大幅に引き下げた19,800円(税別)となります。
第1弾の「KATANA 01」同様、どこよりも手に取りやすい価格で高速LTE対応端末をユーザーの方にお届けするという弊社のモットーのもと、今回の価格決定に至りました。同スペックの端末で、2万円を切るものは現在日本市場にはございません。発売時期は現在調整中で、1月上旬になる見込みです。

なんと29,800円から1万円安の19,800円と、なんとも思い切った価格設定。

「KATANA 01」が12,800円というインパクトのある手を出しやすい価格設定に対して、「KATANA 02」が予定していた29,800円という価格はインパクトに欠けるというか無難な感じはしていたので、「KATANA 02」も19,800円くらいになったら良いのになぁとは思っていましたが、まさかホントにそうなるなんてね。

これはヤバイな~。「KATANA 01」買ったばかりだけど「KATANA 02」も欲しくなってしまうなコレは(苦笑)

発表されてるスペック面での差は次のような感じなんですが

KATANA 01 KATANA 02
ディスプレイ 4.5インチ
854×480 FWVGA
5.0インチ
1280×720 HD
メモリ RAM 1GB
ROM 8GB
RAM 2GB
ROM 16GB
カメラ メイン:500万画素 メイン:800万画素
バッテリー 1,700mAh 2,600mAh

ディスプレイの解像度、メモリ、バッテリー容量の差がボクとしては注目点。特にバッテリー。

ちなみに今使っている「KATANA 01」は、主にモバイルルーター的なテザリング端末として使用しているんだけど、1,700mAhのバッテリー容量だと全然足りなくて午前中に残量が3割を切ってしまうんですよね。それが2,600mAhまで増えるのは結構なプラスポイント。

あとはメモリの容量。「KATANA 01」はレスポンス面で結構なもたつきがあって、フリック入力も操作に追いつかずに誤入力を多発させてしまいがちなのがストレスを感じる部分なので、その辺の動作部分がメモリの容量増加でどれだけ快適になるのかが気になるところ。
CPUについて細かなスペックが発表されていないので、なんとも言い難いんだけど「KATANA 02」は「サクサク動く」と謳われているので、CPUもそれなりの物が積まれているハズ。

という事で、発売までおそらく後1ヶ月といったところで物欲スイッチが半押し状態な「KATANA 02」。

流石に衝動的にポチっと購入とはイケないので、まずは実機が展示されたら動作レスポンスを確認してみたいところです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると喜びます!

フォロー頂けると嬉しいです(o^ワ^o)