「 洋ゲー 」一覧

【ゲーム】『ビットマン』の感想

マーベラスエンターテイメントワールドゲームパレード第2弾である「ビットマン」の感想です。

オーストリアの開発会社製作で所謂ドットイートと呼ばれるタイプのゲームです。
ステージをクリアして進めていくことで4bit→8bit→16bit→32bit→64bit→128bitとコンシューマ機の進化をなぞる様にゲーム内容も進化していきます。

一口に言うと『なぜドットイートにしたんだ!』で、
ハードの進化に合わせてゲームも進化していくのですが、ほぼ見た目部分での進化だけで終わってしまっているのが残念でした。プレイ中もずっと、もっと進化(変化)を活かせるジャンルにしてればなぁという思いが頭から離れませんでした。

続きを読む


【ゲーム】『ゾンビ イン ワンダーランド』の感想

買う前から結構期待していたソフト。

だったのですが、実際プレイしてみると色々と残念な感じでした。

・グラフィックはそれなりに綺麗
・キャラは日本的デザインで違和感もなく好印象
・背景の建物なんかも色々と壊しまくれる
・通常武器のマシンガンとは別に破壊力抜群のガトリング、火炎放射器も使える
・敵キャラは色違いもあれど、そこそこパターンも豊富
・和風ステージの昭和レトロ風の歌謡曲桃太郎はシュール過ぎて秀逸

と、面白そうな要素はあったんですが、

続きを読む


【ゲーム】Wiiウェアを2本購入

久々にWiiウェアを購入。
エキサイトバイク ワールドレース
ゾンビ イン ワンダーランド
の2本。

どちらもまだ20分そこそこしかプレイしてませんが、とりあえず感じたところなど。 続きを読む


【ゲーム】『ニード・フォー・スピード カーボン』の感想

バーンアウト リベンジを買いに行ったけど、無かったので替わりに買ってきたソフト。

ゼロヨンチャンプに始まり、頭文字D、湾岸ミッドナイト、ワイルドスピードと公道バトルな世界観が元々好きだったので、同様の世界観の中で公道バトルを繰り広げる同作は、まさに自分好みでした。

続きを読む